1/144 HGUC NZ-666 KSHATRIYA Part4

製作、写真、文章「Naga」

 

ご依頼頂き製作致しました「クシャトリヤ」が完成しましたので、掲載致します。

 

今回、クシャトリヤは4作品目という事で、またまた今までとは大きく異なります。

過去の作品は、メタルパーツを多く使った作品があったのですが、今回はそれらを使用せず、プラ板やパテを使用して形状を変更したりしながら、製作していきました。

 

また、一番のポイントは、全体に追加したスジボリとなっております。

情報量を上げる為、のっぺりとしているバインダーを中心にがっつりスジボリしていきました。

 

どっしりした胴体に比べ、太ももがかなり細く、なんだかバランスが悪いという事で、パテを使用してボリュームアップ+延長していきました。

 

肩部は、前方向にはスイングするのですが、後ろにはスイングしない仕様となっていますので、新規でジョイントを仕込み、後方にもスイング出来る様に、加工しております。

これにより、胸を張り出すようなポーズが取れ、よりりりしくなったのではないかと思います。

 

その他、カスタムを行ってはいますが、こちらでは省略したいと思います。

簡単ではありますが、写真の下に改造点を記載しておりますので、そちらでご確認下さい。

 

それでは大した写真は撮影できていないかもしれませんが、ごゆっくりご覧下さいませ。

●Technical Worksベーシックプラン

●表面にスジボリやプラ板を加工した物を貼り付けて、ディテールアップ

●両足ふともも、膝装甲のボリュームアップと延長

●腰部のボリュームアップと延長

●首の長さの延長と頭部の稼動範囲追加(顎引きが可能となるように)

●頭部を全体的にシャープな印象になる様に加工

●肩部の稼動範囲追加(ジョイントを仕込み、後ろ側にも稼動するように加工)

●背面ダクトへパイプの追加

●水性転写式デカールの転写

●クインマンサの頭部製作

 

ご依頼頂き、誠にありがとう御座いました。